ポジション

実際にパソコンの前で動いている市場を見ると、売り買いをしなくてはいけないという感情が生まれる場面も多かったりします。

 

しかしながら、あやふやな勘で取引するのは断じてしてはいけません。

 

ご覧の通り、為替相場は24時間いずれかのマーケットは関いているし、為替相場もどういう時でも、変動しています。

 

とは言っても、注文を積み重ねると、その分損失を被る確率が増します。

 

もちろん、売買の回数を増やすことによって次第に儲けられる確率か50%、50%になるのは周知の通りです。

 

けれどもこの事は「漠然とした直感でエントリー」してしまうこととは話が異なります。

 

取引回数を重ねるということは、自分で「ここは勝てる」と考える確信を得られた場合の売り買いの回数を積み重ねるという意味です。

 

理由がなく、休む間もなく売り買いを経験するのとは明らかに違う。

 

相場の勝負に敗北しないためには白分で思案して緩急をつけることこそが不可欠です。

 

「ここは!」と思えた市場の時には所有ポジションを積み増して、意識して儲けを求めます。

 

「かなり難解な外国為替相場で、どう変化するのか予想できないな」と考えた時は執着しないで持っているポジションをひとつ残らず諦めて静観します。

 

このくらいのリズムをつけた方が売り買いは儲けられます。

 

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりだと感じます。

 

相場とはいついかなる時でもポジションを持っていることが大切ではなくどの売買ポジションも保持せず何もしないことも場合によっては相場なのである。

 

では、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつは、前に述べたように、最近の外国為替相場が曖昧で分からない時です。

 

ここからどちらにいくのか決断できない時は、何も考えず行動すると、自分の書いた物語とは違った方向に為替相場が変化してしまい損をする事になります。

 

だから、こうしたケースではポジションを閉じ、そのまま何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

 

もうひとつは、自分のコンディションが悪いときです。

 

体の具合と外国為替市場に関係性はないと感じる方もいると思いますが現実には思いのほかつながりがあります。

 

体の調子がすぐれなければ為替相場の重要なところで、正しい判断を下すことができない。

 

気分が乗らない時は、市場から離れる事も大事な事です。