注文の回数

ノートパソコンの前に座っていつも上がったり下がったりしている市場を見てしまうとどことなく売買をしたいという衝動に煽られる場合も多かったりします。

 

でも、漠然とした衝動で売買するのだけは絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、外国為替市場は24時間、常にどこかの国で外国為替相場が関いているし市場も常に、動いています。

 

しかし、だからといって売り買いをするとそれだけマイナスになる危険が高くなります。

 

当然の事ながら、注文の回数を重ねることによって少しずつ儲けられる確率か五分五分になっていくのは事実です。

 

でもこの事実は「ぼんやりとした感覚で取引」とは別の話です。

 

トレード回数を積み重ねる意味というのは自分が「ここで勝負」と感じた勝機を得たところでの売り買いの回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、休む間もなく売り買いを経験するのとは全く異なります。

 

外国為替市場の駆け引きに立ち向かうためには自ずからメリハリをつけることこそが必要です。

 

「ここだ!」と思い至ったマーケットの時には保持ポジションを積み増して意識して儲けを追求します。

 

「明らかに分からないマーケットでどう動くのか予想できないな」と思い至った時は、いっそのこと所持ポジションをひとつ残らず閉じて何もしない。

 

これぐらいのメリハリをつける方が、最後に注文は儲けられます。

 

マーケットの名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさにその通りだと思います。

 

外国為替相場とは、何も常にポジションを持っていることがすべてではなく、ポジションを保持せずじっと待っている事も時にはFXです。

 

じゃあ、どういう場面で休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述の通り、これからの外国為替相場がしっかりと良く見えない時です。

 

今から上がるのか下がるのか決断できない時は考え無しで行動すると、自分の考えた物語とは異なった方向に為替相場が動いてしまい損してしまいます。

 

そのため、そういう時はポジションを無くして、何もしないで静観しているのがいいだろう。

 

第2に、自分自身の体の状態がよくない時です。

 

体の調子と為替相場に何の影響も与えないと思う方もいると思いますが実際には考えている以上に関係がある。

 

体の状態があまりよくなければ、為替相場の失敗できないところで落ち着いた決定ができなくなります。

 

やる気がわかない時はマーケットから目をそらす事も大事なことだ。